マクロビオティック生活で美味しく健康に。 今注目のマクロビティック食生活を実践。マクロビティックは簡単に美味しく出来ます。ちょっとした工夫でできるマクロビティックの魅力をお届け。






カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する




はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • seo



プロフィール

食生活改善委員会

Author:食生活改善委員会
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



タグ

  • seo



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マクロビオティックで簡単漬物レシピ
漬物塩分の取りすぎの原因となると、最近あまり食べられることがなくなりました。

しかし、マクロビオティックでは、食事ごとに2~3切れの漬物を食べることが推奨されています。

だからといって、化学調味料や工学的に精製された塩で調理された、市販の漬物を取るのはマクロビオティックに反しますから、自宅でレシピなどを参考に、漬物も作ってしまいましょう。

なんといっても、漬物の基本は野菜です。
マクロビオティックですので、旬にこだわった新鮮な野菜が必要となります。
野菜さえ手に入れば、後は漬け込むだけです。

有機栽培されたお米の糠が手に入るのでしたら、意外と簡単に糠床を作ることができます。
同じ糠漬けでも、糠床が良いものであれば、本当においしい漬物を作ることができます。
ただ、毎日管理しなければ、糠床は傷んでしまいますので、忙しい方にはあまり向かないかもしれません。

そこでおススメなのが、味噌や醤油に漬け込む方法です。
レシピなんていらないほど、簡単な調理法です。
こだわりを持って作られた、オーガニックの味噌や醤油に漬け込まれた旬の野菜は、それだけで立派な一品となるほど、おいしいものです。

また、旬の漬物にむいた野菜を適当な大きさに切り、昆布や生姜を入れて塩で揉んだだけの浅漬けも、あっさりとしていておいしいです。

こうして作った漬物は、漬物としてそのまま食べるのももちろん良いですが、刻んで豆腐や納豆などの薬味にしたりするのも、おいしい食べ方です。
他にも漬物を利用した料理のレシピはありますので、探してみると良いでしょう。

ただし、塩分の取りすぎは、体にとって害となりますので、おいしいからといって、あまり食べ過ぎないように、してくださいね。



マクロビオティック食生活で美味しく健康に


マクロビオティックのケーキ
昔ながらの日本の食生活に近いものがあるマクロビオティックですが、現代にあわせ、洋食スイーツなどのレシピもたくさんあります。

スイーツといえば、やはりケーキが一番に思いつきますよね。
このケーキもマクロビオティックに沿って作ることができます。

しかし、ケーキを実際に作ったことがある人ならわかると思うのですが、マクロビオティックとケーキは正反対のものですよね。
ケーキの主な材料といえば、小麦粉、バター、卵、砂糖など。
マクロビオティックにあわせると、小麦粉以外は全てダメです。

そんなマクロビオティックのケーキは、甘味としてメープルシロップや甜菜糖、米飴、玄米水飴、ドライフルーツ、玄米甘酒、リンゴジュースなどをつかいます。

他には作るケーキによって、チーズケーキなら豆乳や豆腐、スポンジケーキならアルミニウムフリーのベーキングパウダーを使用。

なんだか、材料だけでは本当にケーキが作れるのか、不安になってしまうかもしれませんが、マクロビオティックのケーキは自然な甘味でおいしいと、普段から甘いものが好きな人にも好評なようです。

詳しい作り方が掲載されているサイトや本もたくさんあるので、マクロビオティックに挑戦中の甘いもの好きな人なら、是非チャレンジしてみるべきですよね。

また、動物性食品を使わないので、カロリーも通常のケーキに比べ、控えめなのがマクロビオティックケーキの良いところ。
ダイエット中の人なら、逃す手はありません。

予想以上においしいマクロビオティックのケーキ。
作るのが苦手な人なら、お店や通販で買うこともできますので、是非一度お試しください。



マクロビオティック食生活で美味しく健康に



マクロビオティックの幸せスイーツ
マクロビオティックスイーツにはどのようなものがあるでしょうか。

いろいろ調べた結果、「リセルマイ・ブロック」というクッキーが一番のおすすめです。


発芽玄米クッキー「リセルマイ・ブロック

http://www.rakuten.co.jp/lifetech/

有機JAS認定玄米使用の発芽玄米クッキーです。
三温糖という多糖類を使用しているため、体にゆっくりと吸収されます。
また、三温糖は体内で効率よく燃焼されるので、脂肪として残りにくい性質があります。
更に、未精製の自然塩が使用されているため、鉄分などのミネラルが豊富に含まれているクッキーです。

実はこの発芽玄米クッキーは、全て手作りで作られています。
品質へのこだわりが見られますね。

ショートニングバターが含まれていないので、アレルギー体質の小さな子供さんやお年寄りの方々でも安心して食べることができます。

牛乳に溶かして栄養たっぷりの離乳食、あるいは煮物料理の隠し味に最適です。
忙しい時こそ、しっかりと栄養を摂りたいもの。
ダイエットの補助食としても頂けます。

原料は、発芽玄米粉末、馬鈴薯デンプン、三温糖、水あめ、キヌア焙煎末、還元麦芽糖、自然塩です。


ブルーベリーショートケーキ

こちらは、市販のものではないのですが、
とてもおいしいので、レシピを書いておきます。


【材料】

 ・地粉(または全粒薄力粉):2カップ
 ・塩:小さじ1/4
 ・ナチュラルベーキングパウダー:大さじ1
 ・なたねサラダ油:1/3カップ
 ・メープルシロップ:1/2カップ
 ・豆乳:1/4カップ
 ・ナチュラルバニラエッセンス:大さじ1
 ・ブルーベリージャム


【作り方】

 1.予めオーブンを175度に温める。ボールに地粉、塩、
   ナチュラルベーキングパウダーを入れ、泡立て器でよくかき混ぜる。
 2.別のボールに、なたねサラダ油、メープルシロップ、豆乳、
   ナチュラルバニラエッセンスを入れ、泡立て器でよく混ぜる。
 3.先の2つのボールの中身を混ぜ合わせる。
 4.型に油を薄く塗り、先の混ぜ合わせたものを流し入れ、
   175度のオーブンで50分間、焼く。
 5.オーブンから取り出し、型に入ったままの状態で冷ます。
 6.冷めたら、型から出してブルーベリージャムをかける。


以上です。
ジャムは、もちろんブルーベリー以外のものでもOKですね。
添加物が入っていないジャムを選びましょう。



マクロビオティック食生活で美味しく健康に






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。