マクロビオティック生活で美味しく健康に。 今注目のマクロビティック食生活を実践。マクロビティックは簡単に美味しく出来ます。ちょっとした工夫でできるマクロビティックの魅力をお届け。






カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する




はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • seo



プロフィール

食生活改善委員会

Author:食生活改善委員会
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



タグ

  • seo



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マドンナもマクロビオティック
マクロビオティックが大流行しているアメリカでは、日頃からマクロビオティックを実践している人が実にたくさんいるそうです。

有名人ももちろん例外ではなく、歌手のマドンナやマイケル・ジャクソン、ハリウッドスターのトム・クルーズクリントン大統領やカーター元大統領などなど。
日本でも有名な人ばかりですよね。

マドンナといえば、決して若いとはいえない年齢であるにもかかわらず、すばらしいプロポーションを保っています。
あの若さの秘訣が、実はマクロビオティックなのだそうです。

マドンナマクロビオティックを始めたきっかけは、お子さんアレルギーを治すためだったそうです。
そのとき雇われたシェフが日本人の西邨まゆみさんというかただというから、ちょっと驚きました。
しかし、いろいろとネットで見てみると、アメリカにマクロビオティックを広めた人も、久司道夫さんという日本人です。
しかも、この久司さん。アメリカでは一番有名な日本人といわれているほど、知名度がある人だそうです。
日本人が広めたマクロビオティックは、アメリカではかなりの地位を確立しているのでしょうね。

マドンナのおススメマクロビオティック料理は、玄米クリームにメープルシロップをかけたものだそうです。
名前だけではちょっと想像がつかない料理ですが、マクロビオティックっぽさは感じますよね。

マドンナは来日したときのTV出演でも、マクロビオティックを勧めていたというほど、すっかりとりこになっているみたいです。

マドンナみたいな、すばらしいプロポーションを手に入れることができるなら、マクロビオティックに挑戦してみたくなりますよね。



フレンチシェフ富川浩一氏のマクロビオティック料理教室


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://macrobioticlife.blog115.fc2.com/tb.php/8-cbf7e99c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。