マクロビオティック生活で美味しく健康に。 今注目のマクロビティック食生活を実践。マクロビティックは簡単に美味しく出来ます。ちょっとした工夫でできるマクロビティックの魅力をお届け。






カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する




はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • seo



プロフィール

食生活改善委員会

Author:食生活改善委員会
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



タグ

  • seo



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マクロビオティックで健康になろう
マクロビオティックとは日本語に訳すと、長く健康で生きるための方法という意味になるそうです。

マクロビオティックで勧められる食事法は、まず、穀物や野菜を中心に、動物性食品や油、砂糖といったものを控えるということが前提となります。
その上で、野菜や穀物はでできるだけ無農薬や自然農法のものを用い、また、旬や自分が住んでいる土地の食材ということを大切にします。

低農薬であることが健康に良いということはわかりますが、旬であるとか、自分の住んでいる土地の食べ物であるということについてはわかりにくいですよね。

これは、「人間も植物も全て生まれた環境と一体であるから、住んでいる土地の食べ物を収穫の時期に食べると、自然と体のバランスが取れるという」考え方を基としているそうです。

暖かい時期には水分の多いトマトやナス、キュウリやなど、体を冷やす野菜が良く、寒い時期には大根や蕪、ネギといった体を暖める野菜が良いので、寒い時期にわざわざ輸入やハウス栽培に頼った、時期の外れた野菜を食べて、体を冷やす必要はないということです。

確かに、そのほうが、おいしい野菜も食べることができますし、農薬や肥料が少ない分、健康にも良いですよね。

一昔前なら、時期のもの以外、流通がなかったので当たり前の健康法だったのではないでしょうか。

飽食の時代といわれている今だからこそ、マクロビオティックなどに代表されるような、昔ながらの食事が、健康のためには一番良いのですね。


マクロビオティック食生活で美味しく健康に
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://macrobioticlife.blog115.fc2.com/tb.php/22-aeebb3ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。