マクロビオティック生活で美味しく健康に。 今注目のマクロビティック食生活を実践。マクロビティックは簡単に美味しく出来ます。ちょっとした工夫でできるマクロビティックの魅力をお届け。






カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する




はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • seo



プロフィール

Author:食生活改善委員会
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



タグ

  • seo



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マクロビオティックで排毒を
排毒とは、読んで字のごとく身体から毒を排除することを言います。

排毒の毒は毒といっても一般的に想像されるものではなく、身体に不必要なものという意味で、この考え方は東洋医学の考え方の一つです。

本来、人間の身体は代謝機能により、身体にとっての不要物をきちんと排出するようにできています。
しかし、ストレスや偏った食事などにより、身体の代謝のリズムが崩れてしますと、この代謝がスムーズに行かなくなり、毒が蓄積されるといわれます。

そこで、この体内の溜まった毒を排出して、体内をきちんときれいに浄化する必要があるとされるのです。

マクロビオティックはこの排毒効果があるとされています。
動物性食品や油、精製した砂糖や食品添加物などをとらないことで、身体に余分なストレスをかけず、また、こだわった身体によい食品をとることで体内から綺麗になれるのが、マクロビオティクスです。
身体に不必要なものを摂取しないことにより、身体のリズムが整えられ、余分なものが排出される。
この流れにより、マクロビオティック排毒してくれます。

身体の余分なものを、排出するので、痩せやすくなるなど、排毒デトックスも良く耳にする言葉ですよね。

ただし、この排毒には注意が必要です。
マクロビオティックを開始し、排毒が始まると身体に不調が現れることがありますが、その症状が排毒によるものなのか、それを超えた体調の不良なのかが、判断が難しいのです。
一般には1~3ヶ月以上、様子を見てから、症状が改善しない、もしくは悪化するようでしたら、排毒の域を超えているので、マクロビオティックを見直したほうが良いとされます。

せっかく身体に良いと思ってやっていることが、逆効果になってしまってはすべてが無駄になってしまいますから、自分の体調を見極めて、あまり無理をしすぎないほうが良いと思います。



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://macrobioticlife.blog115.fc2.com/tb.php/15-ed5c1675
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。