マクロビオティック生活で美味しく健康に。 今注目のマクロビティック食生活を実践。マクロビティックは簡単に美味しく出来ます。ちょっとした工夫でできるマクロビティックの魅力をお届け。






カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する




はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • seo



プロフィール

Author:食生活改善委員会
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



タグ

  • seo



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オレンジページもマクロビオティック
子供に食べさせる食事やおやつは、少しでもおいしくて、体に良いものをと思うのは、親として当然だと思います。

特におやつは、ただ単純に楽しみであるという以外にも、食事量の少ない子供の食生活において、栄養素を補うという意味で重要になります。

そこでおススメできるのが、マクロビオティックの考え方です。
マクロビオティック旬の食材を基本に、動物性食品や砂糖、合成甘味料、油などを控えた食事法です。
当然、粗悪な食品や食品添加物などは使用しませんので、安心してお子さんに食べさせてあげることができます。

実際に販売されているマクロビオティックスイーツは、できるだけ自然な素材にこだわった、ちょっと贅沢なものが多く、とてもおいしそうです。

動物性食品を抑えたといわれると、昔ながらの日本の食生活を想像しますので、和菓子がほとんどなのかなと思ってしまいます。
ですが、豆乳を使ったアイスクリームとか、豆腐と味噌で作ったチーズケーキ、バターを使わずに植物性のオーガニックな油を使ったクッキーやパイなど、洋菓子もいっぱいあります。
近所にそんなお店がないという方も、ネット通販などで手に入れることができるので、是非一度、試してみてください。

また、子供にはやっぱり手作りのおやつを作ってあげたいという場合には、マクロビオティックのお菓子レシピ集なども販売されています。
普段のお菓子作りの素材を置き換えたりと、ちょっとした手間で簡単に作れるお菓子がたくさん掲載されていますので、お休みの日などには、お子さんと一緒に作ってみるのも、楽しいでしょう。

卵、バター、砂糖などを使わないお菓子がマクロビオティックの特徴ですので、アトピーアレルギーのお子様でも、安心して食べることができますしね。

お菓子は子供にとってとても大切な存在ですから、こだわったものを提供してあげたいですよね。




マクロビオティック食生活で美味しく健康に




スポンサーサイト

マクロビオティックカフェで健康セレブ
マクロビオティックとは、旬など食材にこだわりを持ち、動物性食品や砂糖などを極力取り除いた食事法を指します。

健康にも良いと話題になってきているこのマクロビオティックですが、食材などのこだわりがあるため、外食の多い食生活の人などは取り入れることが難しいものでした。

しかし、最近では、カフェレストランなどの外食の場でも、このマクロビオティックの考え方が取り入れられた店が増えてきているようです。

カフェはおいしい食事やコーヒー、そしてスイーツなどが気軽に取れるお店として、若い女性を中心に人気があります。
また、マクロビオティック美容ダイエットに効果的だと、若い女性に人気です。
ですので、この二つが組み合わさるのは当然といえば当然かもしれません。

マクロビオティックを取り入れたカフェは首都圏などの都市部を中心に全国に広まってきています。

外食はつい見栄えや豪華さを追及するために、肉などの動物性食品が多くなり、野菜が不足してしまいます。
しかし、マクロビオティックカフェですと、そういった心配もありません。

更に、旬の新鮮な野菜やオーガニックな調味料と素材にもこだわっているので、外食にありがちな、おいしいけど、体のことを考えると・・・といったこともなくなります。

カフェによってはスイーツに力を入れたり、テイクアウトを行っていたり、ドックカフェとなっていたりといろいろありますので、いろいろと試してみてお気に入りのお店を見つけるというのも、楽しめるでしょうね。


マクロビオティック食生活で美味しく健康に


マクロビオティックで健康になろう
マクロビオティックとは日本語に訳すと、長く健康で生きるための方法という意味になるそうです。

マクロビオティックで勧められる食事法は、まず、穀物や野菜を中心に、動物性食品や油、砂糖といったものを控えるということが前提となります。
その上で、野菜や穀物はでできるだけ無農薬や自然農法のものを用い、また、旬や自分が住んでいる土地の食材ということを大切にします。

低農薬であることが健康に良いということはわかりますが、旬であるとか、自分の住んでいる土地の食べ物であるということについてはわかりにくいですよね。

これは、「人間も植物も全て生まれた環境と一体であるから、住んでいる土地の食べ物を収穫の時期に食べると、自然と体のバランスが取れるという」考え方を基としているそうです。

暖かい時期には水分の多いトマトやナス、キュウリやなど、体を冷やす野菜が良く、寒い時期には大根や蕪、ネギといった体を暖める野菜が良いので、寒い時期にわざわざ輸入やハウス栽培に頼った、時期の外れた野菜を食べて、体を冷やす必要はないということです。

確かに、そのほうが、おいしい野菜も食べることができますし、農薬や肥料が少ない分、健康にも良いですよね。

一昔前なら、時期のもの以外、流通がなかったので当たり前の健康法だったのではないでしょうか。

飽食の時代といわれている今だからこそ、マクロビオティックなどに代表されるような、昔ながらの食事が、健康のためには一番良いのですね。


マクロビオティック食生活で美味しく健康に





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。