マクロビオティック生活で美味しく健康に。 今注目のマクロビティック食生活を実践。マクロビティックは簡単に美味しく出来ます。ちょっとした工夫でできるマクロビティックの魅力をお届け。






カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する




はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • seo



プロフィール

Author:食生活改善委員会
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



タグ

  • seo



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マドンナもマクロビオティック
マクロビオティックが大流行しているアメリカでは、日頃からマクロビオティックを実践している人が実にたくさんいるそうです。

有名人ももちろん例外ではなく、歌手のマドンナやマイケル・ジャクソン、ハリウッドスターのトム・クルーズクリントン大統領やカーター元大統領などなど。
日本でも有名な人ばかりですよね。

マドンナといえば、決して若いとはいえない年齢であるにもかかわらず、すばらしいプロポーションを保っています。
あの若さの秘訣が、実はマクロビオティックなのだそうです。

マドンナマクロビオティックを始めたきっかけは、お子さんアレルギーを治すためだったそうです。
そのとき雇われたシェフが日本人の西邨まゆみさんというかただというから、ちょっと驚きました。
しかし、いろいろとネットで見てみると、アメリカにマクロビオティックを広めた人も、久司道夫さんという日本人です。
しかも、この久司さん。アメリカでは一番有名な日本人といわれているほど、知名度がある人だそうです。
日本人が広めたマクロビオティックは、アメリカではかなりの地位を確立しているのでしょうね。

マドンナのおススメマクロビオティック料理は、玄米クリームにメープルシロップをかけたものだそうです。
名前だけではちょっと想像がつかない料理ですが、マクロビオティックっぽさは感じますよね。

マドンナは来日したときのTV出演でも、マクロビオティックを勧めていたというほど、すっかりとりこになっているみたいです。

マドンナみたいな、すばらしいプロポーションを手に入れることができるなら、マクロビオティックに挑戦してみたくなりますよね。



フレンチシェフ富川浩一氏のマクロビオティック料理教室



スポンサーサイト

マクロビオティックライフアドバイザー
マクロビオティックライフアドバイザーとは、マクロビオティックをもとにした、ライフスタイルアドバイザーという意味だそうです。

マクロビオティックは最近よく言葉は聴くけど、実際にはどんなものなのか、ちょっと解りにくいですよね。

玄米などの穀物を中心に、動物性食品や砂糖や油を控え、旬の野菜を多く取り入れた食事といわれると、ちょっとは解りやすい気もしますが、バランスの取れた食事をするためには、実際にはどのようなことに気をつければよいのか、最初はなかなかわからないものです。

そんな人たちの助けとなるのが、マクロビオティックライフアドバイザーだそうです。

「食べ物を通して、体と心の調子を整えていく方法・ライフスタイル。その方法を知ること、知って選ぶこと。」

なんだか、難しそうな気もしますが、すばらしい考え方であることは間違いありません。

マクロビオティック食生活の改善です。
飽食の時代と呼ばれる現在、食品は季節に関係なく手軽に手に入るようになりました。
好きなものだけ食べていたいと思いますが、身体のことを思うとそうもいきません。

マクロビオティックは、余分な栄養素を取らないことで、体内を綺麗な状態とし、健康で美しい体を手に入れるための方法です。
どんな食材を選べばいいか、どのような調理法が良いか、今まで慣れ親しんできた食生活を改めて見直し、マクロビオティックのきちんとした食生活を手に入れようと思ったとき、アドバイスしてくださる方がいるというのは、とても心強いことですよね。



マクロビオティックのパン
マクロビオティックは肉や卵、精製された砂糖などを控えることによって、生活習慣病などのリスクを減らし、旬の食材を食べることで、素材そのものの味を楽しむという健康的な食事法として最近話題になっています。

昔ながらの日本の食生活がそれに近いといわれていますが、食生活が多様化し、パン食の人も増えている今、昔ながらの日本の食品だけでなく、洋食にもこのマクロビオティックが取り入れられているものがいっぱいあります。
なんせ、マクロビオティック東洋医学の考え方を基本としていますが、実際に広まったのはアメリカが最初ですから、当然といえば当然ですよね。

マクロビオティックのパンは国産の小麦粉やアマランサス、オーツ麦、ライ麦全粒粉、アマニといった話題の健康食材から丁寧に作られたものが多く、健康に気を使っている方や安全な食品で安心して食生活を送りたいという方にもおススメです。

また、砂糖や乳製品といったものも使われていませんので、アレルギーなどを持っている方にも安心ですし、素朴な甘味で噛めば噛むほど味が出るというのも良いですよね。

そんなパンは近所のパン屋さんには置いてないわ・・・という人には、通販をおススメします。
最近のマクロビオティックのブームにより、マクロビオティック食材を扱ったサイトがたくさん出てきました。
扱う店によって、パンの種類も実に豊富にあるところもありますし、ジャムなども一緒に扱っているところもあります。

健康的でしかもおいしいマクロビオティックのパン。
是非一度、お試しください。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。