マクロビオティック生活で美味しく健康に。 今注目のマクロビティック食生活を実践。マクロビティックは簡単に美味しく出来ます。ちょっとした工夫でできるマクロビティックの魅力をお届け。






カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する




はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス
  • seo



プロフィール

Author:食生活改善委員会
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



タグ

  • seo



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マクロビオティックを取り入れた子供のおやつ
子供にとっておやつは、ただ単純に楽しみであるという以外にも、食事量の少ない食生活において、栄養素を補うという意味で重要になります。

だからこそ、子供に食べさせる食事やおやつは、少しでもおいしくて、体に良いものをと思うのは、親として当然ですよね。

そこでおススメできるのが、マクロビオティックの考え方です。
マクロビオティックは旬の食材を基本に、動物性食品や砂糖、合成甘味料、油などを控えた食事法です。
、バター、砂糖などを使わないお菓子がマクロビオティックの特徴ですので、アトピーやアレルギーがあっても、安心して食べることができます。

実際に販売されているマクロビオティックおやつは、できるだけ自然な素材にこだわったちょっと贅沢なものが多く、とてもおいしいものです。

乳製品などを使わないおやつといわれると、子供にはあまり好まれない、和菓子がほとんどなのかなと思ってしまいます。

ですが、豆乳を使ったアイスクリームとか、豆腐と味噌で作ったチーズケーキ、バターを使わずに植物性のオーガニックな油を使ったクッキーやパイなど、洋菓子もいっぱいありますので、子供も喜んで食べるのではないでしょうか。

また、子供にはやっぱり手作りのおやつを作ってあげたいという場合には、マクロビオティックのお菓子レシピ集なども販売されています。
普段のお菓子作りの素材をちょっと変えるだけで、簡単に作れるお菓子がたくさん掲載されていますので、お休みの日などには、一緒に作ってみるのも、親子のコミュニケーションにもなりますので、良いと思います。

お菓子は子供にとって、とても大切な存在ですから、少しでも良いものを食べさせてあげたいですよね。



フレンチシェフ富川浩一氏のマクロビオティック料理教室





スポンサーサイト

マクロビオティックのクッキーをつくろう
マクロビオティックは、健康で長生きすることを目的とした生活法をいいます。
食生活においては、動物性食品や油を控え、暮らす土地の旬の食材を丸ごといただくということを基本に、玄米などの穀類を中心とした、菜食主義的な食事となります。

いろいろと制約の多い、マクロビオティックの食生活ですが、クロビオティックの理論にのっとったスイーツも実はたくさんのレシピが存在します。

卵や乳製品、砂糖が使えないのに、スイーツが作れるの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、和菓子乳製品や卵がなくても作れるものがたくさんありますし、洋菓子だって、食品を置き換えることでいろいろと作ることができます。

例えば、クッキー。
全粒粉や国産の無漂白の小麦粉、ライ麦粉などを主に、自然塩、甜菜糖、植物油(なたね油やオリーブオイルなど)で簡単に作ることができます。
ここにゴマやドライフルーツ、刻んだり、ペースト状にしたカボチャやサツマイモを加えても、様々な味のクッキーが作れます。

素材の味を楽しむのも、マクロビオティックの楽しみですから、様々な材料を組み合わせることによってできる、異なった風味のクッキーはおいしいだけじゃなく、いろいろな楽しみ方ができるのではないでしょうか。

自分で作るのは苦手という人でしたら、マクロビオティックのお店には、必ずといっていいほどスイーツも置いてあるので、是非試してください。

こだわりの食材で作られる、マクロビオティックスイーツは、しつこすぎない自然な甘味でとてもおいしいものですからね。


マクロビオティックでつくる和菓子
砂糖や乳製品、添加物を一切使わない、マクロビオティックスイーツは、おいしいのにカロリー控えめで、アレルギーがあっても安心して食べられると、最近とても人気があります。

スイーツというとどうしても洋菓子を想像してしまいますが、マクロビオティックとしてその真価が発揮されるのが、実は和菓子です。
和菓子はあまり乳製品や油脂類を使いません。
また、素材を一番生かす調理法が和食ですから、旬の素材を多く取り入れ、動物性食品や油を制限するマクロビオティックと合うのも当然かもしれませんね。

マクロビオティックのお菓子作りには精製された白砂糖は使いません。
穀物から取れた米飴や甘酒、メープルシロップといった甘味料を使います。

和菓子で最も使われるのが餡ですが、この餡も、マクロビオティックでは甜菜糖や米飴を使って煉るようです。
旬にこだわって、新豆を使い、時間をかけて丁寧に煉った餡を使って作った和菓子なんて、かなりの贅沢ですよね。

レシピは本やネットで気軽に手に入れることができます。
調理の手間も、簡単なものから、手の込んだものまで幅広くありますので、自分のレベルに合ったものからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

また、なかなか和菓子作りに挑戦する機会がないという人には、マクロビオテック和菓子を販売してくれているお店やサイトもありますので、そちらで手に入れても、マクロビオテック和菓子のすばらしさがわかると思います。

お菓子は食生活において、彩りとなるものですから、少しでも良いものを食べたいものですね。


マクロビオティック食生活で美味しく健康に





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。